電話代行選びで迷ったら無難なうれしい1ヶ月更新のアフターコールナビ

アフターコールNAVI TOPIX

日経新聞 全国版朝刊 10月17日号掲載 アフターコールナビ

日本経済新聞ロゴ

全国版朝刊 10月17日号掲載

よく耳にする人手不足とは

中小企業では常に人手不足が続いている状態と言っても過言ではございません。
急成長してきた上場企業でさえも、後継者不足に悩まされているのが現状です。
中小企業に於いても単に人手が足りないという事ではなく、有能な人材が集まりにくい
というのが正直な所ではないでしょうか?

後継者には肉親者が多い現状

事業の核の部分の人材確保は継続的に辛抱強く行う事が必要です。5年、10年、20年と育てて教育して行く事が重要です。それでも有能な人材を確保することは困難であるが故に、2代目・3代目と家族が後継することが多いのが現状です。

内制化の落とし穴

内制化とは一般的な中小企業で言う、全てを自前スタッフで運営することを言います。しかし内制化には社内で甘さが出てしまうケースが多く、大手企業でも甘さが露呈して内部告発をされてしまったり、大問題になっている事も多くあります。

外注化(アウトソーシング)を図る

アウトソーシングはまずコスト面で固定費ではなく、変動費になる大きなメリットがあります。
売上に応じて支出が変わる為、ここは事業を営む上で重要な要素となります。それ以外にも労務費などのコストも不要となります。割高な人材派遣がこれだけ重宝されているのも、売上に応じた人員配置を可能にできることから、短期的には多少割高な人件費を払っても、調整が可能な為これだけ重宝されています。それ以外にも事業の中でアウトソーシングできる事は多々ございます。

中小企業経営者は自信を持っている部分に資源を集中する為、経営者が営業に自信があるならば、営業部隊を核として、それ以外は全てアウトソーシングする位の方がスピード感ある経営と安定した経営を実現できると思います。 アウトソーシング=割高な印象がありますが、決して割高ではありません。長期的な設備投資などを勘案すると実に割安です。(単に割高な所もありますが、探せば安い所はあります)

アウトソーシング、まずは電話代行でお試し下さい

スタートプランタイトル1

現在地:トップページアフターコールNAVI TOPIX

電話代行秘書代行のアフターコールナビ0120-959-002