アフターコールNAVI TOPIX

自社受付と電話代行を利用した場合の違い

話代行も従業員を育てるも初めは同じ労力です。電話代行会社は誰でも受け答えができる体制を維持することができます。

経営者様が従業員に物事を伝えようとする場合と、電話代行会社へ伝える場合は明らかに違います。外注(電話代行)だから指示などは伝えやすい。

電話代行ならば客観的に伝えやすい。従業員に伝える際は主観的になりやすい。

電話代行ならば受付記録と着信履歴、着信日時が正確に把握できる(コール課金制の為、記録を提出する責任がございます)従業員ならば管理することが必要です。

長期的に安定した受付品質を保つには、自社受付と電話代行の使い分けが大切です。
または、電話受付(一次対応)を完全外注(電話代行に委託)して、従業員の方は本業に専念することで効率を高める。

格安電話代行ならスタートプラン
対応力で選ぶ電話代行ならネクストプラン
アフターコールナビTOPページを見る