アフターコールNAVI TOPIX

コア事業以外は自社運営よりも外注化

中小零細企業で売上が躍進している企業様、成長している企業様ほど、自社運営をせず、外注化。
売上高が成長している企業は全てを自社運営・自社工場と社内化に走る傾向にあります。一時的にコストは下がり利益率が高くなりますが、長期的にみると、事業の廃りや競争の激化により結果的に割高なコストになる可能性が高いのです。

自社運営の落とし穴
経済状況や事業環境の変化が起こった際に、割高なコストと動かせない固定費、人件費、改修できない設備投資が重くのしかかってきます。これが足かせとなります。

激変する経済環境

自社運営のもう一つの課題
人材面です。中小企業のコア事業については経営者がスペシャリストとなっているのが一般的ですが、それに波及する2次事業については全く別のスペシャリストが必要となります。中小企業で良い人材を探し出すのは不可能です。中小企業では後継者すら探し出せないのが現状です。それならば、コア事業以外は全て外注化し、専門性の高い強い企業を良きパートナーとして探す方が可能性は高いはずです。

良き人材

企業経営では固定費を極限まで抑え込む設計
売上が伸びれば事務所を拡大、人材を確保、設備投資を行う事が必要になります。その投資活動は売上が下がった時に致命傷になります。コア事業以外は外注化することで、その経費内訳は流動費となり、売上と経費が比例する構図を作れば、経済状況の激変にも耐える企業になれるかも知れません。
経費は極力流動費に、契約は全て短期契約に徹することで得策と思われます。

良い人材探しはタイムロスとなります
良い人材を中小企業が探すことは、大手企業より魅力がなければなりません。また良き人材と思った人材が必ずしも経営者の理想通りに成長するとは限りません。
中小企業は良きパートーナー企業と共に成長することが一番の近道だと思います。
アフターコールナビは電話代行のプロフェッショナルとして、お客様からの入電、クレームを記録して、報告を行います。記録は振り返ることができます。それはその企業の歴史になると考えております。格安プランなら7500円~、その他さまざまなニーズにお応えできるようなサービスを展開しております。アンケートを積極的にお客様から頂くサービスや、クレームの一次受付センターなども格安で承ります。

新サービスアンケート代行サービス

タイムロス