アフターコールNAVI TOPIX

経営体質をスリム化する

スリム化経営を目指すなら

経営効率を高める事は生き残る為に不可欠です。
まずは損益分岐点を下げる事をしっかりと行う
必要があります。

売上に対しての固定費を徹底的に削減し、流動費用
に変える必要があります。

流動費に変える事で売上に応じて経費が変わり、経営体質
を強いものにします。

また経理処理・受付処理などもITを活用してシステム化する
ことにより人件費を削減することができます。

アフターコールナビでは電話代行サービスを通じて

アフターケアの充実、クレーム受付、提携企業との
請求書督促サービスなどをご提案しております。

製造業であれば、製造に経営資源を集中させること、
販売業であれば、販売に経営資源を集中させること、
不動産会社であれば、接客業に集中させること、
など付随業務を拡大してしまうと、業績が傾いた時に
連鎖的に全てが総崩れして、図体の大きさだけが露呈して
しまう事になります。

例えば商品開発から製造・営業・物流など一環で行ったとしても
商品が売れている時は高い利益を生むかも知れませんが
売れなくなった場合、営業・物流などの付随部門が経営の重しと
なり、苦しい展開が推測されます。

製造を中心とした場合は営業・物流は外注化することにより、
経費は流動的になり、経営不振に陥った場合でも機敏な対応が
できるようになります。

コアの事業以外は外注化

外注先を育て、交渉をして良い外注先
を探し当てる事が重要です。

自社工場・自社物流・自社営業などば設備も高くなり、
10年・20年で見ると過剰設備・過剰人件費により、外注よりも高く
なるケースが多く見られます。

企業は図体を大きくするよりも、筋肉質で強固な経営基盤をつくることが
長い経営には必要かと思われます。

まずは電話受付から変えてみませんか?
電話代行・コールセンターサービスのアフターコールナビは
中小企業のみなさまに選ばれています。

アフターコールナビTOPページへ戻る