アフターコールNAVI TOPIX

電話代行の費用相場はいくら?基本的な電話代行サービスの選び方

電話代行を活用している企業は多く存在します。なぜなら自分たちで電話対応するだけで、思っている以上に時間を取られるからです。電話代行を活用することで、時間を浮かすことができ、生産性を向上できます。

とはいえ、以下のように悩んできませんか?

  • どれくらい費用がかかるか知りたい!
  • 自社に適した電話代行サービスはどこだろう?
  • コスパの良い電話代行サービスを知りたい。

電話代行を検討しつつも、上記の疑問を感じている人は少なくありません。

そこで本記事では、電話代行にかかる費用とその相場を解説します。基本料は月額5,000円〜30,000円が目安です。

気になる方は本記事をご覧いただき、自社に適したサービスを検討してみてください。

電話代行にかかる費用の種類

電話代行にかかる費用の種類は、以下の4つです。

  • 月額基本料
  • 初期費用
  • コールオーバー料
  • オプション料

平日の日中のみの対応で、具体的に以下のような費用が発生します。

 

費用の種類

費用の平均相場

月額基本料

5,000~30,000円

初期費用

10,000~30,000円

コールオーバー料

100~150円

オプション料

100~3,000円

月額基本料

月が基本料とは、実際に電話代行にかかる基本的な費用です。

電話代行業者が発生する人件費や管理費、設備費なども含まれています。

月額基本料の平均費用は5,000円~30,000円と幅が広いです。

理由はコール数に応じて決められているから。

月に50コールまでなら○円、100コールまでなら▲円といった感じです。

コール数以外にも費用が増減する要素があります。

それは専門性です。専門性の高い分野では、それ相応の知識が必要となるため、費用は割高になります。

初期費用

初期費用も初めて電話代行を依頼するのであれば、必要な費用です。

初期費用の相場費用は、10,000円~30,000円ほど。

しかし中には、キャンペーン中に申し込むことで、初期費用を無料にしている業者も存在します。

コールオーバー料

コールオーバー料とは、月額基本料で定められたコール数を超えてしまったときに、追加で発生する費用のこと。

平均費用は100~150円ほどになります。コールオーバー料の差額は、あまり気にならない程度のものです。

少し高い分、高品質なサービスとも言い難いです。

反対に安いからといって低品質な業者とも言えません。

コールオーバー料を気にするのであれば、基本的な業者選びや、月額基本料を意識するといいでしょう。

オプション料

オプション料とは、時間外対応や音声ガイダンスの活用、電話の転送など、電話代行に付随する業務において発生する費用のこと。

そもそも基本料は、平日の日中のみにおける料金であることがほとんどです。

土日祝や夜間など、時間外の対応はオプション料として追加で費用が発生します。

具体例は以下の通りです。

  • 平日の日中以外の電話代行→基本料の5倍ほどが相場
  • 電話の転送→150円~250円/件
  • 音声ガイダンスの活用→2,000円~3,000円/月
  • データ入力→300円~800円/件

 電話代行における月額基本料【コール数次第】

電話代行のおける月額基本料は、コール数次第で決定します。

 

コール数/月

費用

50コール

5,000~10,000円

100コール

8,000~15,000円

200コール

20,000~30,000円

電話代行にかかる費用から自社に適したサービスを選ぼう!

電話代行にかかる費用から自社に適したサービスを選びましょう。

費用に限らず、サービスの質も重要です。

しかし品質だけにフォーカスしてしまえば、時間を浮かすことができ、生産性が向上するといったメリットが上手く発揮できません。

費用というデメリットと生じるであろうメリット、合わせて検討する必要があります。

お問合せフォーム 進化するクラウドシステム 雇うより絶対安い電話代行