アフターコールNAVI TOPIX

24時間365日自社対応のコールセンターを運営する場合の費用は?電話代行なら低コストで利用可能

顧客のニーズに対応するため、24時間365日稼働するコールセンターを設置したいと考えている会社も多いでしょう。しかし、自社でコールセンターを運営する場合、多額の費用がかかります。コスト面の悩みをクリアしながらコールセンターを設置するなら、電話代行がおすすめです。本記事では24時間365日対応のコールセンターを自社で運営する際にかかるコストと、電話代行を利用するメリットなどを紹介します。

24時間365日自社対応のコールセンターを運営する場合の費用

初めに24時間365日自社対応のコールセンターを運営する場合、どのくらいのコストがかかるのか、費用面から見てみましょう。コールセンターを立ち上げるためにまず必要なのが機材やシステムです。基本的にはパソコンや電話機器などの機材を使用します。そして、これらの機材をネットワークに繋ぐための回線工事や、コールセンターで使うシステムの導入なども必要なのでそのための費用も発生します。これらの費用の相場はコールセンターの規模によって異なりますが、おおよそ30~300万円ほどです。なお、機材・システムを導入した後もその維持管理や運用に年間50~100万円ほどの費用がかかります。

そして、もう1つコールセンターに欠かせないのがスタッフです。実際に電話対応を行う人員を用意しなければなりません。その際まず発生するのが採用活動のための費用です。求人媒体などでスタッフ募集をするのが一般的ですが、求人を掲載するのに月10~30万円ほどの掲載費用がかかります。また、人員が集まった後はスタッフへの給与も発生します。コールセンタースタッフの時給は1,300~2,500円ほどが相場です。例えば、20人スタッフを雇用したとして、1ヶ月につき1人あたり1日8時間20日で雇ったとすると、月の人件費は少なくとも400万円以上かかります。つまり、コールセンターを始める準備だけで40~330万円ほどかかり、運用していくためには1月数百万円以上の費用が発生するということです。

さらに、明確な費用として計算できないものの、コールセンター立ち上げのための準備に社員が業務時間の多くを費やさなければならないという労力面も忘れてはいけません。機材・システムの導入にかかる調整やセンターとして使用するスペースの確保、センター内のレイアウト、スタッフの採用活動、コールセンタースタートに関する周知、機材・システムのメンテナンス、スタッフのシフト調整・労務管理など、様々なことに時間を割くことになります。コールセンターを運営することは事業にプラスになるとはいえ、準備や運用のためにかける多大な時間や労力を他の業務に使えたらより効率的に業務が進められるはずです。

電話代行を利用することで低コストでのコールセンター設置が可能

そこで、おすすめなのが電話代行サービスです。前の段落で説明したとおり、24時間365日稼働するコールセンターを自社で設置するとなると膨大な費用と労力がかかります。しかし、電話代行を利用すれば、このようなコストの大部分をカットすることができるのです。電話代行はクライアントに代わり、電話代行業者が電話対応を行うサービス。対応に必要な機材・システムや人員は全て揃っているので、自社で1から揃える必要がありません。

また、費用が大幅に抑えられるところも大きな魅力です。自社で24時間対応のコールセンターを設置すると、初期費用に数百万円、運用しても月に数百万と高額な費用がかかります。その点、電話代行の場合は月額5~10万円ほどで同じような体制が整えられます。さらに、電話代行サービスのスタッフには様々な電話対応を行ってきた経験豊富なプロが揃っているため、クオリティの高い電話対応が叶うこともメリットと言えるでしょう。

電話代行ならコンパクトな費用でコールセンターを設置できる

24時間365日稼働のコールセンターを設置したいものの、コストの面で難しいと諦めている方も少なくないでしょう。電話代行を利用することにより、大きな費用や労力をかけず、質の高い電話対応ができるコールセンターを設置可能です。この記事を参考に、自社運営の場合と電話代行に委託した場合を比較し、電話代行サービスの利用を検討してみてください。

24時間365日対応 お問合せフォーム 進化するクラウドシステム 雇うより絶対安い電話代行