アフターコールNAVI TOPIX

コインランドリー経営に電話代行サービスが欠かせない理由と活用事例|スタートプランなら月額19500円

土地活用の選択肢などとして、コインランドリー経営が注目を集めています。コインランドリー経営のメリットは、人件費がほとんどかからないことです。ただし、店舗内でトラブルが発生することはあります。トラブルに備えて利用したいのが、電話代行サービスです。コインランドリー経営における電話代行サービスの必要性と活用事例などを紹介します。

コインランドリー経営に電話代行サービスが必要な理由

コインランドリー経営で必ず利用したいのが、電話代行サービスです。電話代行サービスが必要な理由は、基本的に無人店舗で24時間営業だからと言えるでしょう。休みなく稼働し続ける店舗では、様々なトラブルが起こります。具体的には、洗濯機や乾燥機の故障、洗濯物の紛失、お釣りが正しく出ないなどが考えられます。

電話代行サービスを利用していないと、トラブルの問い合わせ先はオーナーの携帯電話などになります。コインランドリーを利用しているお客様は待ってくれないため、深夜や早朝に電話がかかってくるかもしれません。また、休みなく稼働し続ける店舗に合わせて、24時間365日、電話の前で待機しておく必要があります。このようなリスクがあるため、コインランドリー経営に電話代行サービスが欠かせないのです。

コインランドリー経営で電話代行サービスを利用した事例

電話代行サービスを活用することで、コインランドリー経営はどのように変わるのでしょうか。電話代行サービスを利用して、トラブルを解決した事例を紹介します。

#洗濯機のエラー表示を解決した事例
単身者向けのコインランドリーA店は、顧客サービスを充実させるため電話代行サービスを利用しています。電話代行サービスが役立った事例として、お客様が使用中の洗濯機にエラーコードが表示されたケースが挙げられます。戸惑ったお客様は、店舗に掲示している電話番号に問い合わせました。電話受付担当者は、お客様からエラーコードを聞いて、待機すれば解決する問題であることを伝えています。的確な指示によりお客様は安心して待機することができ、想定通りトラブルも解決しました。電話代行サービスを利用していなければ、お客様は対処法がわからず大きなストレスを感じたはずです。次回以降は他店を利用するかもしれません。電話代行サービスが、お客様満足度を高めた事例と言えるでしょう。

#遠隔操作で料金トラブルを解決した事例
個人経営のコインランドリーB店は、業務を効率化するため電話代行サービスを利用しています。電話代行サービスが役立った事例として、洗濯機にコイン(100円)が飲み込まれたケースが挙げられます。コインが飲み込まれるとは、実際に投入した金額よりも少なくカウントされてしまうことです。例えば、100円を5枚投入したのに4枚しかカウントされていないなどが該当します。主な原因は機械の不具合と考えられます。コインを飲み込まれたお客様は、店頭に掲示していた電話番号へ連絡しました。連絡を受けた電話受付担当者は、お客様を両替機の前に誘導後、遠隔操作で飲み込まれた100円を返金しています。電話代行サービスを利用していなければ、オーナー自らが返金対応にあたらなければならなかったでしょう。あるいは、お客様が我慢することも考えられます。お客様を我慢させてしまうと、今後は利用されなくなる恐れがあります。電話代行サービスが、オーナーの業務を効率化するとともにお客様の不満を解消したケースと言えるでしょう。

コインランドリー経営に電話代行サービスは欠かせない

コインランドリーは、基本的に24時間365日、無人で稼働し続けるサービスです。電話代行サービスを利用しないと、時間帯を問わずオーナーの電話にクレームが入るかもしれません。また、トラブルに遭遇したお客様の満足度が下がってしまうことも考えられます。これらを回避するため、コインランドリー経営を検討している方は電話代行サービスを利用しましょう。

コインランドリー経営 お問合せフォーム 進化するクラウドシステム 雇うより絶対安い電話代行