アフターコールNAVI TOPIX

電話代行を利用してコールセンター業務をアウトソーシングすることのメリットとは

顧客からの問い合わせに対応するために、コールセンターを設けている企業の中で、その維持、運営のために多大な負担を強いられて困っているというところは少なくないのではないでしょうか。そのような場合には、電話代行を利用してコールセンター業務をアウトソーシングしてしまうのがおすすめです。以下では、アウトソーシングを行うメリットを紹介します。

役割分担の明確化とそれによる業務の効率化

電話代行を利用してコールセンター業務をアウトソーシングすることの一つ目のメリットは、仕事の役割分担が明確化でき、それによって業務を効率的に行えるようになるという点です。企業の中には、コールセンター業務を行う組織をマーケティング部門の中に設けているところがありますが、そのような体制にすると、マーケティング業務とコールセンター業務を同じ部門内で対応しなければならなくなるため、組織内の役割分担が不明確になってしまい、業務運営が難しくなってしまう恐れがあります。コールセンター業務をマーケティング業務から切り離してアウトソースすれば、その業務を社内で行う必要がなくなり、役割分担が明確になって、マーケティング部門は本来の業務に集中できるようになるというわけです。

コスト管理の容易化

コールセンター業務をアウトソーシングする二つ目のメリットは、それによってコスト管理が容易になるという点にあります。コールセンターを維持、運営するためには、思った以上に大きなコストが必要となるのですが、社内でその業務を行っていると、どうしてもコストが不明確になります。その結果、気が付けば出費が増えていて経営を圧迫してしまうというケースに陥りかねません。一方、アウトソーシングを行った場合には、コールセンターに関して必要なコストは、すべて電話代行に支払う料金となることから、コスト管理を行いたければ、その金額が大きく増減していないかどうかをチェックするだけで済むのです。

また、一般的には、社内でコールセンターを運営するよりも、アウトソースしてしまった方が、トータルのコストは安くなります。企業の従業員に比べて、電話代行のスタッフの方が人件費が安い場合が多いからです。そのため、コストを削減して筋肉質な経営基盤を作りたいと考えている企業にとっても、電話代行にアウトソースするというのはおすすめです。うまくいけば、かかっていたコストを2、3割程度は削減できるようになるかもしれません。

電話応対のクオリティの向上

三つ目のメリットは、アウトソースを行うことによって、電話応対のクオリティが大幅に向上するというものです。その結果、顧客の会社やその商品、サービスに対する満足度がアップするといった効果が期待できます。よほどの大企業でもない限りは、社内に専属のコールセンター要員を抱えるのは難しいため、多くの企業では他の業務に従事している社員がコールセンターに寄せられる問い合わせにも応対しているというのが現実です。しかし、彼らは電話応対のプロではないため、時として誤った対応をしてしまって、顧客の怒りを買うことも少なくないはずです。この点、電話代行のスタッフであれば、問い合わせに的確に応えるスキルを身に付けているため、そういった事態は避けられるでしょう。顧客とのトラブルのリスクを軽減して、満足度を向上させたいと考えている企業は、ぜひコールセンター業務のアウトソースを検討してみると良いでしょう。

電話代行を有効に活用しよう

電話代行にコールセンター業務をアウトソーシングするということには、様々なメリットがあります。これに対し、気にしなければならないデメリットはそれほど多くはありません。そのため、コールセンターのコストを削減したり、電話応対の負担を軽減したりしたいという場合には、ぜひ一度アウトソースを行うことを検討してみると良いでしょう。

外注のネットワーク お問合せフォーム 進化するクラウドシステム 雇うより絶対安い電話代行